米倉涼子の「シカゴ」が酷評!?なのに起用され続ける理由がエグイ!?

米倉涼子の「シカゴ」が酷評!?なのに起用され続ける理由がエグイ!?

米倉涼子さんの名前を知らない人はいない!というくらい国民的女優さんですが、ニューヨークでも米倉涼子さんは知名度が高いんです!!

そのワケは、ご存知の通り、ブロードウェイミュージカル「シカゴ」の主演・ロキシーハートを務めたから。

しかし実は、米倉涼子さんが主演を務めた舞台「シカゴ」が酷評!!という噂も…?

なのに、なぜ米倉涼子さんは「シカゴ」の主演に起用され続けるのか…

そのエグイ理由を徹底調査しちゃいました!!!

 

米倉涼子が「シカゴ」で成し遂げた偉業とは!?

米倉涼子が「シカゴ」で成し遂げた偉業とは!
出典:米倉涼子が「シカゴ」で成し遂げた偉業とは!?

 

舞台「シカゴ」は世界各国でツアーを組まれるほど人気のブロードウェイミュージカルですが、その本場ニューヨークの舞台で米倉涼子さんが主演・ロキシーハートを演じたことは、日本ではもちろん、世界中でも大変話題となりました!

米倉涼子さんがブロードウェイミュージカル「シカゴ」で主演を演じるということが、どれだけスゴイことなのか、調査してみました!

 

米倉涼子が「シカゴ」で成し遂げた偉業1:日本人で45年ぶりのブロードウェイ舞台に立つ

米倉涼子さんが、なぜ本場ニューヨークのブロードウェイ舞台に立つことがこれだけスゴイのか。

それは、なんと日本人だと45年ぶりのブロードウェイの舞台だったからなんです!

米倉涼子さんの前にブロードウェイの舞台に立った人は、梅木美代志(うめきみよし)さんという方で、ジャズシンガーをされている方だったのだとか。

今はもうすでに他界されているため、実際に今生きている中でブロードウェイミュージカルに出演するという偉業を成し遂げたのは、米倉涼子さん一人ということになるんです!

いや~スゴイですね~!!!

 

米倉涼子が「シカゴ」で成し遂げた偉業2:日本人が外国人役、しかも主演を演じるのは初!!!

実は、舞台「シカゴ」で日本人がアジア人以外の外国人役を演じるのは初めてだったのだとか!

しかも、舞台「シカゴ」の顔とも呼べる、主演・ロキシーハートを日本人が演じるのは、米倉涼子さんが初めてなんだとか!

これってすごくないですか?

やはり日本人は、英語の発音やダンスの技術、見た目の部分でも手足が短く背が低いなどのハンデを追っているので、なかなか外国人の主演に抜擢されることはなかったのでしょう。

そういった意味では、米倉涼子さんのスタイルは日本人離れをしていて、さらに昔からバレエをされているということで、ダンスの技術も申し分ない、さらに英語の発音に関しては、かなり努力されたのでしょう!!!

いや~これまたスゴイ!!!

 

米倉涼子さんが舞台「シカゴ」の主演を本場ニューヨークで務めたということが、どれだけスゴイことだったのか、よく分かりましたね。

そりゃ日本だけでなく、世界中で話題になるのも納得です!!!

 

米倉涼子の「シカゴ」主演、実は酷評だった!?

米倉涼子の「シカゴ」主演、実は酷評だった
出典:米倉涼子の「シカゴ」主演、実は酷評だった!?

 

米倉涼子さんが主演を務めた舞台「シカゴ」は、さぞかし大成功を収めたのであろう…

と思っていたのですが、実際に舞台「シカゴ」を見た人からの酷評っぷりがスゴかったんです!

ある人は…

「米倉涼子のHot Honey Ragは映画シカゴのこの2人の踊りの足元にも当然及ばずで、上半身はどうにか動かしていれば形になるんですけど、足のステップに注目すると上手い下手は素人目に見ても明らかなんですが、残念でした!

それにとんぼ返りも堂々としていない。

引用:市川海老蔵ファンブログ

という酷評っぷり。

さらにニューヨーク在住の日本人女性は、

「公演は、本人の実力で勝ち取ったものでなく外国人枠の恩恵を受けたものでしょう。

ブロードウェイの舞台に上がるのには、本来であればオーデションを勝ち抜いて手にするものなので、私としては英語を付け焼刃で習っての台詞、歌、そして確かにダンスは上手でしょうが、それは本場レベルではないと思うことを考えると、日本のマスコミが褒め称えることに現場から、実は下駄を履かせてもらっての公演だったのでは?

引用:市川海老蔵ファンブログ

と、かなり厳しい目線での評価となっています。

実際に米倉涼子さんの舞台「シカゴ」を見た人は、期待度が大きかったがゆえなのか、かなり厳しい酷評をしていることが判明しました。

 

米倉涼子が舞台「シカゴ」に起用され続けるエグイ理由とは?

米倉涼子が舞台「シカゴ」に起用され続けるエグイ理由とは
出典:米倉涼子が舞台「シカゴ」に起用され続けるエグイ理由とは?

 

米倉涼子さんが主演を務める舞台「シカゴ」は、かなり酷評の声が多いですが、ではなぜ、米倉涼子さんは舞台「シカゴ」に起用され続けるのか?

2017年も米倉涼子さんは本場ニューヨークの舞台に立っていますからね~

起用の理由を調査していくと、エグイ理由が混在していたことが分かったのです。

 

米倉涼子が「シカゴ」に起用され続ける理由1:ギャラが安い

米倉涼子さんが舞台「シカゴ」で主演を務めたにも関わらず、そのギャラがめちゃくちゃ安かったのでは!?という噂が横行しています。

噂によると、米倉涼子さんの1週間でのギャラが数十万円だったというのです。

日本でキャリアを積んできた国民的女優のギャラが数十万…

この相場はいかがなものか?

かの有名なニコールキッドマンは映画一本の出演料が週十億と言われていますが、ブロードウェイの舞台でのギャラは1週間で600万円ほどなんだとか。

ニコールキッドマンでもそんなもんか…

それならば、世界的にはまだまだ無名な米倉涼子さんのギャラが数十万というのは妥当なのか…?

そもそも、米倉涼子さんにとっては、ブロードウェイの舞台に日本人初主演で立てるというところに価値があるため、多少ギャラが少なくても構わなかったのでしょう。

舞台制作側も、安く米倉涼子さんのような良質な主演キャストを起用できるということもあり、起用したという経緯もあるのかもしれませんね。

 

米倉涼子が「シカゴ」に起用され続ける理由2:シカゴの舞台経験がある

米倉涼子さんは「シカゴ」で本場ニューヨークの舞台に立ったのは2012年のこと。

しかし、米倉涼子さん自身、「シカゴ」の日本公演でも出演していたことがあり、その初舞台は2008年だったのです。

つまり、セリフはもちろん日本語だったのですが、米倉涼子さんは「シカゴ」の舞台を日本で経験していて、ある意味「予備知識」があったのです。

そのため、ニューヨークの舞台に起用された時も、セリフを英語にすべて直さなければならないという大変な作業があったものの、ゼロからの稽古スタートではなかったため、起用する側もしやすかったというのが本音なのかも。

 

米倉涼子が「シカゴ」に起用され続ける理由3:ブロードウェイ女優たちのバカンス時期の穴埋め役

米倉涼子さんが本場ニューヨークの舞台で「シカゴ」の主演を務めるのは決まって夏のバカンス時期だということ、お気づきでしたか?

つまり、この時期は、レギュラーで主演を務めているプロのブロードウェイ女優たちがバカンスを取る時期なんです。

そのため、米倉涼子さんは、そういったブロードウェイ女優たちのバカンス時期の穴埋め役として、「シカゴ」の主演に起用されているという部分が大きいようです。

ということは、数多くいるブロードウェイ女優たちを押しのけての「シカゴ」主演起用ではなかったという可能性が強いということか…

なるほどね。。。

 

米倉涼子さんが舞台「シカゴ」の主演に起用され続ける理由、色々と噂はありますが、実力なくして起用し続けられるということは絶対ありませんよね!

そんなにプロの世界は甘くない。

米倉涼子さんの「シカゴ」ロキシーハート役を少しでも多く見られることが祈っています♡

 

出典:PIXLS